バイク 新型 ホンダ

HONDAが1月12日に発表した大型バイクの新型。ゴールドウィングの受注が1月22日時点で、年間販売計画の500台を超える540台受注状況であると発表しました。

4月2(月)からホンダドリーム(新販売網)から販売開始ですが、待ち遠しいですね。

今から大型免許を取って、買う?


バイク 速報

バイクニュース速報です。ライダー憧れの八-レーダビッドソンがレンタルできるようになりました。しかも速営もとは、ハーレーダビットソンジャパンが認定した正規代理店なので安心です。

このサービス「ハーレーダビットソン認定レンタルバイク」は1月26日(金)より、まずは1都1府16県の全国24店舗からサービスを開始し、本格的なツーリング季節の春に向けて取扱店を増やしていく予定とのこと。

レンタル機種は2017年8月にフルモデルチェンジしたソフテイルファミリーや、高年式・高品質モデルをたくさんそろえるとのこと。

気になるレンタル料金はハーレーダビットソンストリート750で、4時間11,200円、8時間12,400円、24時間15,500円(レンタル料には対人対物保険料を含む)。

免許があればハーレーに乗れます!!

バイク 用品 グローブ 冬

ライダーにとって必需品、ライダースーツ(スーツ着てないって?普段着のままの人もいるよね)の次に必要と思うのが、グローブ。

特に冬はこれなしではバイクに乗れない。でも、このグローブといっても材料によって暖かさが全然連う。今世間では下着関連で特殊素材製品が人気です。

この素材でグローブ作ったら暖かいでしょうね。ってことで探してみると、ユニクロのヒートテックのグローブがありました。
あと、特殊素材ではないけど、本来防寒用として作られている、スキー・スノボ用のグローブ。こっちはさらに防水加工されているので、ツーリング時の少々の雨でも、水がしみてこないのでいいんじゃないでしょうか。

あとーつはバッテリーを内蔵した、発熱するグローブなんてのもあります。スマホのおかげでバッテリー(リチウム電池など)が軽量・安価になってきたので、こういうのも選択肢になりますね。

バイク 免許 合宿 期間

2018年が始まり卒業をまじかに控えた学生さんの中に、卒業直後の休みの間にバイク免許をと考えている人も多いでしょうね。免許を取るための費用もポイントですけど、期間もポイントとなってきます。休み中に確実に取れるようなカリキュラムでないと、休みが終わるのに免許がまだ‥‥とかならないようにしないとね。

やはり、期間を短くしたいのなら合宿して免許が取れるところということになります。関西地方からなら、ねらい目のエリアとしては四国ですね。大阪梅田や、神戸三宮から高速バスで教習所の近くまで行くことができ便利です。

たとえばバイク2輪MT免許で、合宿期間3/8~3/15で費用が148、000円、3/16~3/21で118、000円で免許が取得できる人気の、徳島わきまち自動車学校などがあります。


合宿免許ドリーム

バイク 新型 ホンダ

HONADAの大型バイク、ゴールドウィングがフルモデルチェンジです(新型ではありません)。実に17年ぶりとなり4月2日から販売予定とのことです。

特徴はホンダで唯一、水平対向6気筒1800ccエンジン搭載です。ゴールドウィングは1975年にアメリカで初代、GOLDWING GL1000として発売され、以後40年続いたホンダのフラグシップモデルで、今回で6代目となります。

ラインアップはサドルバックのみ標準装備の「ゴールドウィング」価格2,732,400円(税別)とサドルノリクとリアトランクが標準装備の「ゴールドウィングツアー」価格2,959,200円(税別)の2機種。

カラバリはキャンディーアーダントレッド、ノドルグレアホワイト。

さらに、ゴールドウィングツアーのノドルホークスアイブルーは3,013,200円(税別)、ゴールドウィングツアーデュアルクラッチトランスミッションは3、315、600円(税別)もある。